前回の記事では、すそワキガの原因とチェック法を紹介してきました。

今回の記事では、対策法を紹介していきたいと思います。

すそわきがの可能性が高いケースでは、どのようなやり方で良くすればベストなのでしょうか。

①デリケートゾーンを清潔に保つ

デリケートゾーン専用の石鹸を利用し、よく泡を立ててソフトに洗い流してたほうがいいでしょう。

ゴシゴシ綺麗にしすぎるとお肌に傷が付いて炎症が起きたり、その反対にニオイを引き上げたりしちゃうことになるからお気を付けください。

ナプキンやおりものシートというものは、かなりの時間交換不足すると蒸れてしまって、むしろ非衛生的です。

下着類と合わせて頻繁に替えたほうがいいでしょう

さらに、デリケートゾーンの脱毛も、スムーズに洗浄しやすくなると思われますので、衛生的をキープすることを考えれば効果的な方法になります。

②食生活

中心的な食事内容は肉類ではなしに魚介類にすることで、ビタミンB群(緑黄色野菜、果物など)を意識的に摂り込んで体質を活性化させたいものです。

 動物性たんぱく質、二ンニク・唐辛子などといった香辛料、アルコールというものはアポクリン腺よりの発汗を加速させますから、摂取し過ぎについてはお気を付けください。

③ストレス解消

これからの社会において、プレッシャーを受けないでに生きることなど出来ないと一緒です。

観光や温泉施設というようなものでゆったり時間をつぶす、余暇活動に無我夢中になる、カラオケで思う存分熱唱して発散する、遠慮する必要のない大親友と会話をするだったり、各人各様発散対策が存在します。

あなた自身にマッチしたストレス解消法を発見しておくようにしてください。

余談ですが、疲労感が蓄積されている場合は、オルニチン(シジミ、チーズなど)、クエン酸(梅干し、お酢など)を口にすると効果が期待できます。

④クリーム塗布

ニオイを和らげるデオドラントアイテムも販売されています。

 陰部にぬり込んでばい菌の増殖を抑制する、消臭効果によりニオイを抑制する、といった効果が期待できますので、体質を考慮してのクリームを外出する時なんかに持ち歩き利用すれば安心できると思います。

⑤治療法

デリケートゾーンよりのニオイがどういうわけか気にかかる方は、婦人科で診察して貰ってみたらいいと思います

とりあえずは、すそわきがはもちろんそれ以外の疾病が潜伏していないだろうか診察して頂きましょう。

そうしてから、すそわきがのお手入れをするケースでは、次に挙げるような治療が存在します。

おもな治療法

・ボトックス注射

・ビューホット

・ウルセラドライ

・シェービング法

まとめ

何度も言っていますが、デリケートゾーンのニオイが心配になり始めたら、とりあえずは婦人科で診察して貰って、疾病の有るか無いかのチェックを推奨します。

そのうえで、疾病ではなしにすそわきがとなっているのが決定したら、皮膚科もしくは美容外科、美容形成外科で診察を受けます。

その場合、ワキガやすそわきがの治療法を専用として対象としているか、前もってチェックしておくようにしてください。

おすすめ記事

すそわきがの原因・対策法