デリケートゾーンのニオイ、気がかりになった経験はないか?

自分自身のニオイはわかりにくい一方で、一度でも気掛かりになりだすと、人の前に出る事をためらうくらい気に掛かることだってあります。

このページでは、すそわきがが発生する原因とやり方につきましてお伝えします。

すそわきがとは?一体何?どんな特徴がある?

ワキガという悪い点につきまして、ほとんどの人は知っているかと言えるでしょう。

ワキの下より発せられるニオイを意味し、病名ならば「腋臭症(えきしゅうしょう)」と言われています。

汗を生み出す腺においては、エクリン腺とアポクリン腺が存在します。

エクリン腺というのは大部分は身体全体に点在するのに対し、アポクリン腺というのは極めて限定されたスポットに分布していきます。

ワキガが発生する汗はアポクリン腺より生じていて、ワキの下の他には陰部、乳輪、おへその周辺、外耳道なんかにあります。

アポクリン腺から出る汗においては、脂肪やたんぱく質、糖質、鉄分、尿素、アンモニアというような成分が配合されています。

このような成分がお肌に常在するバイ菌により分解が行われ、個性あふれるニオイを生じさせます。

このようなアポクリン腺の理由から発生するデリケートゾーン(陰部)のニオイを、医学的見地から「外陰部臭症(がいいんぶしゅうしょう)」といい、「すそわきが」と言っています。

デリケートゾーンのニオイが発生する原因は、単純にすそわきがだけとは言い切れません。

おりものや膣内のニオイといったケースもあります。

しかし、おりものは甘酸っぱい感じのニオイ、膣内は鼻がつんとするといった感じのニオイで、すそわきがのニオイと申しますのはまさしく違うはずです。

ニオイの感じ方は個人差がありすから一概には言えませんが、すそわきがのニオイは、ツンとしたニオイ、ウッとくるニオイ、ネギ類のニオイ、鉛筆の芯のニオイ、納豆みたいなニオイ、香辛料みたいなニオイ…という風に例えられるのです。

すそわきがになる原因とは?

それじゃあ、お次に想定できるすそわきがができる原因をお教えします。

ワキガ体質

人々の汗腺の総数は遺伝が影響しているもので、生まれつき確定しています

アポクリン腺の個数が多くある体質の方がワキガに変化します。

小学校高学年前後より成長ホルモンの分泌が促進されますが、この頃よりアポクリン腺においても活発化してくるのです。

その時期にニオイがスタートしたのならば、育成と一緒に出ていることによって体質に影響を受けるものと思われます。

食生活

偏っている食事内容というのはアポクリン腺の働きを活発化しますので、皮脂が発生しやすくなってしまいます。

とりわけ動物性脂肪が多くある肉に限った食事内容、唐揚げなど過多の、野菜が足りない、外食の多い、といった起因があるということも考えられます。

ストレス

プレッシャーによりアドレナリンが放出が行われ、アポクリン腺よりの汗の分泌だって活性化されます。

さらに、緊張状態はホルモンバランスであっても狂わせ、ニオイを際立たせる引き金になりますし、疲労感で肝臓機能が悪くなって正常に動かなくなると、アポクリン腺からはアンモニア臭が引き起こされてしまう時もあるようです。

他にも、メンタル・身体的なストレスによって血の巡りが悪化すると、皮脂腺の脂が酸化し、加齢臭みたいなニオイも出現します。

出産後

産後に関しては、体質が圧倒的に変わっていきます

体重が増えやすくなる、肌トラブルがよくない、抜け毛が増加するといったトラブルだけじゃなくに、すそわきがのニオイがきつくなってきたといった方もいるのです。

とは言っても、妊娠出産に影響を受けるケースだと、授乳期が終了する頃になるとそのうちニオイも消え去って行くと思われます。

次回の記事では、チェックポイントと対策法を紹介していきます。